ITパスポート 資格 取得期間

ITパスポート資格の取得期間はどれくらい?

現在、省庁では金融庁や警視庁、自治体では埼玉県や佐賀県などが、職員にITパスポートの資格取得を推奨しています。職場で資格取得を求められたら、忙しい仕事の合間に、ITパスポートの資格取得のため受験勉強を続けなくてはなりません。

 

勉強方法をはじめ、出題の範囲、過去問については、情報処理推進機構IT人材育成本部情報処理技術者試験センターのサイトに明記されています。
書店に足を運べば、市販の参考書・問題集もありますから、それらを購入して、じっくり取り組み、理解を重ねて資格取得を目指すケースも多いでしょう。いずれも、帰宅後にコツコツと勉強に励む事になります。

 

ITパスポートの資格を取得するまでの期間は、ひとによって、まちまちといえますが、一般的に、標準勉強時間は1日2時間×50日=計100時間程度と言われています。あるいは、3カ月程度と言う人も。

 

理系の人、文系の人、いろいろな人がいますので、個人差も大きいと思われますし、いちがいにどのくらい勉強すれば合格するとは言いきれないものです。将来的にエンジニアに就きたいならともかく、文系で、パソコンを使って表計算やワードはできるけれど、体系的な基礎知識までは持ち合わせていないという人は、いくらITパスポートの取得が職場で推奨されているとはいっても、資格の取得を重荷に感じるかもしれません。

 

独りでコツコツ勉強するのが難しいなーと思っている人におすすめなのが、通信講座です。文系で、基本からITについて覚えたい人、学習のための自己管理にはいまいち自信がないと独学を諦めている人や、パソコンは得意だけれど、マーケティングやストラテジなどの知識が薄い学生にとっては、計画どおりに勉強が進められる通信講座を利用するのも一つの方法です。

 

今後、ITパスポートの取得を推奨する企業の増加も予想されますから、例え自己投資となっても、通信講座を利用して、合理的に資格を取得しておくことをおすすめします。