ITパスポート 試験

ITパスポートの試験について

現在、ITパスポートの試験体系は、ストラテジ(経営戦略など、経営全般に関する基本的な知識)系、マネジメント(IT管理に関する基本的な知識)系、テクノロジ(IT技術に関する基本的な知識)系の3分野にわたって、基礎的な知識が幅広く出題されます。主催者による区分、および過去問から拾ってみました。

 

ストラテジ系

ストラテジ(経営戦略など、経営全般に関する基本的な知識)系は、大分類では、@「企業と法務」A「経営戦略」B「システム戦略」の 3つに分けられています。

 

小分類では、@「企業と法務」は、企業活動と法務、A「経営戦略」は、経営戦略マネジメント、技術戦略マネジメント、ビジネスインダストリ、B「システム戦略」では、システム戦略、システム企画となっています。

 

試験問題としては、予想利益額の計算(会計・財務)、グループウエア(業務プロセス)、不正アクセス禁止法(セキュリティ関連法規)、パブリックドメイン(知的財産権)、コーポレートガバナンス(その他の法律・ガイドライン)、著作権法の保護対象(知的財産権)シックスシグマ活動(ビジネス戦略と目標・評価)などです。

 

マネジメント系

マネジメント(IT管理に関する基本的な知識)系は、大分類では、C「開発技術」D「プロジェクトマネジメント」E「サービスマネジメント」の3つに分けられています。

 

小分類では、C「開発技術」は、システム開発技術、ソフトウエア開発技術、D「プロジェクトマネジメント」は、プロジェクトマネジメント、E「サービスマネジメント」では、サービスマネジメント、システム監査となっています。

 

試験問題では、システム開発プロセス(開発プロセス・手法)、システム要件定義(システム開発技術)、プロジェクトの立ち上げ(プロジェクトマネジメント)、サーバラックの目的(ファシリティマネジメント)など。

 

テクノロジ系

テクノロジ(IT技術に関する基本的な知識)系では、F「基礎理論」G「コンピュータシステム」H「技術要素」の3つに分けられています。

 

小分類では、Fは、基礎理論、アルゴリズムとプログラミング、G「コンピュータシステム」は、コンピュータ構成要素、システム構成要素、ソフトウエア、ハードウエア、H「技術要素」では、ヒューマンインターフェイス、マルチメディア、データベース、ネットワーク、セキュリティとなっています。

 

試験問題としては、トロイの木馬の特徴(情報セキュリティ)、ルータの説明(ネットワーク方式)、HTMLに関する記述(その他の言語)、迷惑メール対策(情報セキュリティ対策・実装技術)、バックアップ計画(ファイルシステム)などが挙げられます。