ITパスポート 資格 試験 対策

ITパスポート|資格試験の対策方法

ITパスポートの資格を取得しようとされている方も多いと思います。

 

今は、いつでもパソコンやインターネットを利用できる世の中となっており、様々な場所で活用されています。

 

ITパスポート試験は、パソコン操作や表計算ソフト以外に、ITを正しく積極的に活用していく知識をつけるための試験です。

 

では、どのような試験対策を行えばいいのでしょうか。

 

過去問題を解きまくるのは間違い?

試験対策と言えば、テキストを読んだ後で過去問題を解きまくり、知識をつけて傾向を理解していくというものが多いと思います。

 

過去問題をたくさん解く事によって、どのような出題のされ方が多いのか、どのような問題が出やすいのかという事が少しでも分かるようになります。

 

ですが、この対策が有効なのは、過去問題と似たようなものが多く出題される試験のみです。

 

ITパスポート試験では、過去問題を応用したような問題が出される事が少なくなっていると言われています。

 

つまり、過去問題を解く事も重要ではあるのですが、とても有効な試験対策とは言えないということです。

 

テキストで知識を身につけることを優先的に

では、どうすればいいのかというと、以下のような対策方法がおすすめです。

 

・時間をかけてテキストを読み、一つずつ理解していく
・過去問題をとく
・過去問題で間違えた部分をテキストで見直す
・もう一度テキストを読み返し、理解を深める

 

このように、主にテキストから知識を身につけるということを優先的に行う事がおすすめです。

 

そして、覚えたことを確かめるために過去問題集を解いていき、知識を確実に自分のものにしていくことが大切です。

 

試験対策を行うのであれば、独学よりも通信講座や通学講座を活用してみることもおすすめです。

 

より効率よく知識を身につけていくことができるほか、サポートなども充実していますので、困る事はあまりありません。

 

通学であれば、資格取得に向けて一緒に学べる仲間もいますので、一人で学習することが不安だという方にはおすすめです。