TAC ITパスポート試験講座

資格の学校TAC「ITパスポート試験講座」の特徴

ITパスポートは、今あらゆる企業や会社でニーズが高まっている国家資格です。難易度が低く、比較的パスしやすい情報処理技術者試験として知られています。

 

この ITパスポートを取得する方法の 1 つに通学制があります。多くの専門学校が講座を開講している中で、定評の得ている ITパスポート講座があります。

 

それは資格の学校 TAC の「 ITパスポート試験講座」です。

 

自分に合った学習スタイルを選択できる

この ITパスポート試験講座の特徴は、まず 4 種類の学習スタイルを選択できることです。

 

「 Web通信講座 」「 DVD通信講座 」「通学講座」「ビデオ(DVD)講座」の 4 つがありますが、この中で Web通信講座を選択すると、インターネットフォローシステム「 i - support 」が利用できます。

 

この機能を利用することで、いつでも講師にメールで質問することができるのです。また通信講座を選択しても、「スクーリング制度」を利用して教室での講義にも出席することができます。

 

TAC は「インプット」と「アウトプット」を繰り返して学習を進めていく方法でカリキュラムを構成しています。

 

講義で知識を頭の中に「インプット」してから、総合実力テストや Web テストなどでアウトプットすることで無理なく効率的に勉強することができます。

 

受講回数は「ストラテジ系」が 3 回、「マネージメント系」が 2 回、「テクノロジー系」が 8 回 設けられています。Web テストは、本試験での CBT方式の試験に慣れておくことも視野に入れて実施されています。

 

いつでも好きな時間に何度でもチャレンジできて、すぐに結果も表示されます。

 

 

◆手頃な価格で充実のサポートが受けられる

 

また他の専門学校の ITパスポート講座と比べて受講料が安いことも大きな魅力です。
教室講座・Web 通信講座ともに 22,600 円( Web テスト付 )で受講することができます。
Web テストなしは 19,800 円とさらに割引いた価格で学べます。

 

口コミや評判をチェックすると、「講師がとても熱心に教えてくれた」「面接指導も徹底してくれる」「メールでの質問も丁寧に答えてくれた」などサポート面に定評を得ているようです。

 

また TAC では、ITパスポート取得者の更なるスキルアップのために受講料を割引く「早割キャンペーン」を行っています。
この対象となるのは ITパスポートの次のステップとなる「基本情報処理技術者試験」と「応用情報処理技術者試験」の2つです。
通常の受講料より 10,000 円も割引してくれるので、ITパスポート合格後もキャリアアップが目指せるシステムになっています。