ITパスポート 初級シスアド検定 違い

「ITパスポート」と「初級シスアド検定」の違い

ITパスポートとは、情報処理技術者試験の中で入門編に位置付けられている国家資格です。

 

この資格は 2009 年から開始された比較的新しい資格なのですが、この ITパスポートが誕生する前の 2008 年までに実施されていた IT 資格がありました。それが「初級システムアドミニストレータ試験(以下『初級シスアド』)」です。

 

ITパスポートは、この初級シスアドの後継試験と言われています。では、ITパスポートと初級シスアド検定にはどんな違いがあるのでしょうか?

 

対象とする人の違い

まず試験を対象にする人に違いがあります。ITパスポート試験は、IT に関わる全ての人を対象にしていて、これらの人たちが共通して備えておくべき IT の基礎知識を問う資格です。

 

それに対して初級シスアドは、IT に関わる業務でリーダーとなっていく人材育成を目的としていたので、試験内容はより IT に詳しい人たちに向けてのものでした。しかし、あらゆる企業や会社が業務を効率化する為に IT 化を急速に進めているので、今や IT についての知識は誰もが備えておかなくてはいけないものになっているのです。

 

こうした現状を受けて、情報処理技術者試験は再編されました。IT の基礎知識により重点を置いて新設した ITパスポートをスキルレベル 1 とし、初級シスアドは基本情報処理技術者試験というスキルレベル 2 に吸収統合されたのです。

 

試験内容の違い

次に試験内容に違いがあります。初級シスアドは、システム開発運用管理やコンピューターネットワーク、ソフトウェアの使用方法など試験範囲は広くはありませんが、より発展的な問題が出題されていました。

 

しかし、ITパスポートの場合はこの試験内容に加えてストラテジ(経営戦略)系やプログラミング、アルゴリズムなどの分野が追加されています。試験範囲が広がった分、発展した内容ではなく、より基礎的な問題が出題されるようになりました。

 

この試験内容は、試験の合格率や難易度にも反映されています。初級シスアドの合格率は約 30 %だったのに対し、ITパスポートは合格率が約 50 %と大幅に上がりました。難易度が低くなったことで、ITパスポートは国家資格の中でも最も合格しやすい資格として知られるようになりました。

 

合格しやすい ITパスポートは、多くの企業や会社でニーズを高めているので、これから就職や大学進学を目指す人にオススメの資格です。