ITパスポート 試験 合格

ITパスポート試験に合格するには?

ITパスポート試験は、情報処理技術者試験の中で最も難易度が低いと言われている国家資格です。

 

毎年多くの人が受験するこの ITパスポート試験に合格するにはどうすれば良いのでしょうか?

 

専門用語の暗記

合格するにはしっかりと効率的に試験対策をしなければいけません。ITパスポートでは「ストラテジ系」「マネージメント系」「テクノロジー系」の 3 つの分野を偏ることなく勉強する「バランス感覚」が重要になってきます。

 

まずこの 3 つの分野で共通して行う勉強は「多くの専門用語の暗記」です。

 

ITパスポートは、主に IT に関しての基礎的な知識をテストします。出題の多くは IT の専門用語の意味についてなので、専門用語の暗記はまず初めに行うべきことなのです。

 

ITパスポートの試験で特に重点が置かれている分野は「ストラテジ系」と言われています。このストラテジ系は経営戦略や企業法務についての知識が問われます。どちらかと言うと文系の分野なので、理解することはあまり難しいことではありません。

 

しかし、単語数や公式の数が多く、覚えることが難しい人名なども含まれているので暗記には時間が掛かる分野かもしれません。ITパスポート試験の試験対策をする人たちは、このストラテジ系から学習を始めているようです。

 

インプットとアウトプット

基本的には「インプット」と「アウトプット」の作業を繰り返して勉強することが効果的です。

 

インプットとは、とにかく知識を頭に詰め込んでいく作業です。しかし、その知識を頭の中に定着させるには「アウトプット」作業をする必要があるのです。

 

アウトプットとは、学んだ知識をノートに書き込んでいくことです。頭と手を使って記憶していくことで、知識がだんだんと脳に刷り込まれていきます。

 

この作業がある程度進んだら、過去問題集にもチャンレジします。市販されている教材にはだいたい CD-ROM や DVD-ROM が付属しています。それらで模擬試験を行うことができるので、試験日までに模擬試験を何度も繰り返して行います。

 

この模擬試験で間違った箇所を学習し直していくことで、少しずつ点数が合格ラインに近づいていきます。合格ラインと言われている点数は、総合で 600 点以上と言われています。

 

この正解率がキープできることを目指して ITパスポートの試験対策を行っていきましょう。