ITパスポート MOS

「ITパスポート」と「MOS」の違い

いま世の中で合格しやすい資格として注目されている 2つの資格があります。それは「 ITパスポート 」と「 MOS 」という資格です。

 

では、この 2つの資格にはどのような違いがあるのでしょか?

 

国家資格と民間資格

まず一番大きな違いは資格の位置付けです。「 ITパスポート 」とは情報処理技術者資格の中で初級レベルの「国家資格」なのに対し、「 MOS 」は世界最大のシェアを誇るコンピューター・ソフトウェア会社 Micorosoft が認定する「民間資格」なのです。

 

国家資格とは法律に基づいて国が実施する試験であり、受験には年齢や学歴に制限や条件が課されるケースも多い資格です。

 

民間資格は、民間の団体や企業が自由に審査基準を設けることができる資格です。法律で規定されていないため、業界で信頼あるものからほとんど評価されていないものまで様々な資格が存在します。

 

全体か一点集中

次に挙げられるものは「マクロ」か「ミクロ」の違いです。マクロは「大きい」や「俯瞰的な視点」という意味合いが強いですが、この俯瞰的な視点に立っているのが「 ITパスポート 」なのです。

 

ITパスポートはコンピューターの基礎知識はもちろん、経営戦略や管理など IT の実務に必要とされる周辺知識も視野に入れている資格です。しかし、IT に関わる知識とスキルの全体像を見なければいけないため、そのぶん浅く広く勉強する必要があります。

 

それに対し MOS 資格は「 Microsoft Office 」というPC用業務ソフトウェアの中にある各アプリケーションのスキルレベルを評価する資格なのです。

 

これは IT の全体的な知識ではなく、1つのアプリケーションに対してどれだけのスキルを有しているかをチェックするので、一点に絞った見方である「ミクロ」の立場を持っていると言えるでしょう。

 

また MOS資格には Word と Excel のみに「エキスパート」というレベルが設けられていて、より集中して知識やテクニックを深めるように勉強することが求められます。

 

こうした違いがある ITパスポートと MOS資格ですが、視点を変えるとその「マクロ」と「ミクロ」の立場が逆転してしまうのです。

 

それは ITパスポートが日本国内で通用する資格なのに対し、MOS資格は全世界で共通するグローバル資格という点です。

 

日本もしくは世界に活躍の場を求めるのか、こうした自分の目標に合う資格を選んで取得を目指しましょう。