ITパスポート 資格取得 メリット

ITパスポートの資格を取得するメリット

現在、ITは社会に深く根を下ろし、多種多様な企業、組織において、経営活動に欠くべからざるものとなっています。当然ながら、企業や組織で働く人びとはITを活用していますが、彼らには、職業人としてのITの正しい知識と法律の遵守といった、社会的・道義的責任が課せられているのも事実です。

 

ITパスポートはまだ歴史の浅い資格です。IT関連の資格の中では、「エントリー資格」と呼ばれ、最も入門的なものといわれています。けれども、職業人としての、基礎知識としてのIT知識を証明する国家資格としては、現在、唯一のもの。

 

ITパスポートを、職業人として共通に備えるべき、経営全般・IT管理・IT技術の基礎的な知識を測る国家試験として位置づける企業や自治体などでは資格の取得を推奨する動きもあるようです。

 

もちろん、すでに職業人であっても、社内のITにおいての必要な基礎知識とスキルが、現在以上に、はっきりとした形をもって身につくことがポイント。情報機器や情報システムについての知識を得ておけば、実際に携わっている業務の効率化をはじめ、課題の解決や業務改善を図ることができます。

 

自分のセクションの業務内にとどまらず、さらに高いレベルでのIT活用を提案することもできるかもしれません。情報の収集だけでなく、その活用においても安全に取り扱うことができますし、業務分析や情報システム課の支援・助言を行うこともできます。

 

人事制度に資格取得を取り入れて、給与に資格手当を加算する企業も増えていますから、近いうちに資格手当が+αになるかもしれませんし、いざ、転職、というときにも有利になると思われます。

 

教育機関においては、すでに、いくつかの大学では、ITパスポートの資格取得を1年次の単位に設定しているところもあります。また高校生であっても、ITの基礎知識を理解しているということを証明する国家資格として、大学へのAO入試の際にも役立ちます。

 

これから社会へ出て行く学生にとっては、就活時の面接でのアピールポイントになると言えるでしょう。