ITパスポート 資格

ITパスポートの資格は、具体的にどんな事に活かせる?

今や私たちの生活基盤の一つとなっている IT ですが、同じくビジネスの世界にあっても広く普及しています。もう IT なくしてはビジネスが成り立たない時代に入っており、それに伴って IT の知識とスキルが企業から求められるようになりました。

 

この IT についての知識とスキルを証明する為に企業からも評価の高い資格があります。それが「 IT パスポート 」です。

 

ITパスポートとは、情報処理技術者試験において入門編とされている国家資格です。情報技術者として共通に備えておくべき基礎知識をテストするのですが、この資格を取得することで具体的にどんな事に活かせるのでしょうか?

 

ITパスはまず就活で活用!

まず ITパスポートは、あなたの就職先での面接を有利にしてくれるでしょう。最近は特に省庁などの国家公務員採用試験で、ITパスポート資格の有無やスコアなどを採用の判断材料の1つに挙げているそうです。

 

なぜなら ITパスポート取得者は、情報セキュリティにおいての素養があることを認められるからです。また就職だけでなく、大学への進学にもメリットがあります。

 

その理由は ITパスポートに合格していれば、入試での優遇措置を行っている大学もあるからです。

 

就職後はチームリーダーとして活用!

次に企業に就職した後、あなたは ITパスポートで習得した知識とスキルを活かして様々な部門で活躍できます。

 

ITパスポートはただ単に情報技術の知識だけでなく、ソフトウェアの開発やプロジェクト管理の仕方も身に付いているので、チームのリーダーとしての役割も担えます。またそれだけでなく企業の顧客データの情報漏洩を防ぐことにも役立ちます。

 

今でも中小企業では IT化に完全に移行できていない会社も多くあります。特に事務職を目指している女性がこの ITパスポートを取得することにより、パソコンにも精通している貴重な存在として会社から重宝されるでしょう。

 

これらは ITパスポートが活用される例のほんの一部でしかありません。多くのメリットが得られる ITパスポートを取得して ITの知識とスキルを活用していきましょう。