ITパスポート 試験 未経験

ITパスポート試験は未経験でも挑戦できる?

ITパスポートは、IT 関連の仕事に携わりたい人なら必ず取得しておくべき資格です。なぜなら ITパスポートは、多くの企業や大学での試験で優遇措置がとられるメリットがあるからです。

 

また IT について最も基礎的な知識をテストする資格なので、IT に関わったことのない未経験の人であっても十分に合格の可能性があります。

 

では、未経験者の人はどのようにして試験に挑戦できるのでしょうか?

 

ITへの苦手意識を克服する

未経験者の場合、IT について苦手意識を作らないことが大事なポイントになってきます。なぜなら苦手意識が作られてしまうと、どれだけ良い教材を手に入れても内容が頭に入ってこなくなるからです。

 

苦手意識が形成されてしまうキッカケは、「勉強が疲れる」「楽しくない」「成果が感じられない」などのモチベーション低下が挙げられます。特に IT は専門性が強い分野なので、文系の人にとってはとっつきにくいかもしれません。

 

モチベーションを持続させるには、まず試験日を決めてしまいましょう。その理由は、試験日を前もって決めておけば学習計画が立てやすくなるからです。

 

学習計画が立てば、毎日の勉強量がわかるのでヤル気が続きやすくなります。

 

オススメは通信講座

目標となる試験日を決めたら、いよいよ教材を購入します。学習方法は独学と通信教育がありますが、通信教育の方が未経験者に向いているかもしれません。

 

なぜなら、通信教育の場合は分かりやすいテキストだけでなく、講師が解説する DVD -ROM も付属しているので、自分で学習を進めるよりもスムーズに勉強できます。

 

また ITパスポートの試験対策のポイントは「バランス」です。ITパスポートは「ストラテジ系」「マネージメント系」「テクノロジー系」と分かれており、この 3 つの分野をバランス良く勉強することが必要です。

 

通信教育の教材はそのバランスを考えて構成されているので、未経験者にとって強い味方になってくれるでしょう。

 

ITパスポートは合格率は約 50 %なので、未経験者でもしっかり勉強すれば十分に合格できる国家資格なので、ぜひチャレンジしてみて下さい。