ITパスポート 試験 合格 最短

最短でITパスポートの試験に合格するには?

ITパスポートの難易度はあまり高くないことで知られています。

 

以前まで実施されていた「初級システムアドミニストレータ試験」の合格率が約 30 %だったのに対し、ITパスポートが設けられてからは合格率が 50 %台になりました。

 

最も合格しやすい国家資格と言われる ITパスポートですが、この ITパスポートを最短で合格するにはどのような方法があるのでしょうか?

 

実務経験者は独学で十分

まず学習方法の選択は、IT 関連の実務経験者か未経験者なのかで違ってきます。IT の実務経験者の場合は、市販されている教材や過去問題集を購入して独学での学習でも十分に合格が目指せます。

 

なぜなら ITパスポートは情報処理技術者試験の中で初級に位置付けられていて、IT の基礎的な知識に内容が絞られているからです。IT にある程度携わっている人であれば、基礎を再確認して力試しをするという感覚に近いかもしれません。

 

ただ経営戦略などのビジネスに関する分野についての出題もあるので、テキストだけの学習でなく過去問題集もひたすら解いて試験に備えておく必要があります。

 

テキスト教材での学習に約 30 時間、学んだ知識を過去問題集でアウトプットするのに約 30 時間は最低必要と言われているので、合計 60 時間の学習時間は最低必要でしょう。

 

1日に約 5 時間の学習時間が確保できれば、12日間で 60 時間を確保できます。

 

IT 未経験者は通信講座

次に IT 未経験者の場合ですが、独学よりも通信講座がオススメです。

 

その理由は、独学でも決して合格は不可能ではないのですが、最短で取得することを目指すには通信講座の方が効率的に学習を進めることができるからです。

 

通信講座であれば学習すべきポイントをしっかりおさえていて、自分が目標とする試験日にも照準を合わせて学習計画を立てられます。

 

ITパスポートは専門用語などが多くあるので、初心者の人にとってはその用語を覚えるだけで一苦労です。独学で学習すると途中でギブアップする人も少なくありません。

 

通信講座なら最短のカリキュラムで約 1 ヶ月程度の学習で試験にチャレンジすることができるでしょう。