ITパスポート資格 就職 転職

ITパスポート資格は就転職に本当に役立つ?社会的な評価はどう?

ITパスポートは 2009 年から始まった新しい情報処理技術者資格です。この資格は色んな区分けがされている IT 資格の中で初級に位置付けられています。

 

平成 21 年までは「初級システムアドミニストレータ試験(以下『初級シスアド』)」があり、エンジニア達にとって登竜門とされていました。

 

しかし、情報処理技術者試験が再編されて初級シスアドはスキルレベル 2 になり、初級シスアドの下にスキルレベル 1 の ITパスポートが設けられたのです。

 

では、この ITパスポートは就転職に本当に役立つのでしょうか?

 

就職や進学の強い味方

まず ITパスポートは就職や転職に有利な資格と言えるでしょう。その理由は、「国家資格」だからです。

 

情報処理技術者試験の中では初級といえど、IT だけでなく経営戦略やマネージメント知識も必要とされる資格です。そうした幅広い知識とスキルが身に付いていれば、あらゆる現場で即戦力として働けることでしょう。

 

コンピューター系企業への就職を目指すなら、ITパスポートは必ず取得しておきましょう。なぜなら、現場でプロのエンジニアやプログラマー達とコミュニケーションをとるには、ある程度の専門用語を勉強しておかなければいけないからです。

 

また IT 化を進めている企業もこのような IT に強い人材を求めています。ITパスポートは就活や大学進学にも役立つ資格なのです。

 

では、次に ITパスポートは社会的にどのような評価をされているのでしょうか?

 

今後確実にアップする社会的評価

スタートして間もない ITパスポートは徐々にその認知度を上げており、社会的にはこれからどんどん評価されていくことが期待されています。

 

現在は経済産業省や民間企業、大学、専門学校、高校に至るまでこの ITパスポートの普及に力を注いでいます。初級シスアドは企業の採用や大学入試などにおいて優遇措置がとられる地位を築いていました。

 

この ITパスポートにおいても少しずつ優遇措置をとる企業や学校が増えてきており、近い将来は初級シスアドと変わらない評価と地位を築いていることでしょう。