ITパスポート 試験 勉強方法

「ITパスポート試験」合格するために効率的な勉強方法とは?

ITパスポートは IT 関連での就職を目指す人なら必ず取得しておきたい国家資格です。この試験に合格すれば企業や大学から優遇されることもあるので、就活や大学試験にもかなり役立つ資格です。

 

しかし、仕事や学校に行きながら資格取得を目指すことは容易ではありません。

 

そこで、ITパスポート試験の合格を目指すために効率的な勉強方法にはどんなものがあるのでしょうか?

 

忙しい人には通信講座

学習時間がなかなか取れない方は、通信講座で計画的に学習する方法をお勧めします。

 

なぜなら、通信講座の教材は ITパスポートに関するあらゆる統計データや出題傾向を分析しているので、学習の効率性を高める為にあらゆる工夫をしているからです。

 

通信講座の目的とするのは受講者の合格なので、資格が取得できるまでのサポートも充実しています。

 

独学での効率的な学習法

では、独学で効率的に勉強するにはどのような方法があるのでしょうか?まず市販されている参考書と過去問題集を購入して勉強を開始します。

 

ITパスポートを勉強する時に最も重要なことは「バランス感覚」です。この試験には「ストラテジ系」「マネージメント系」「テクノロジー系」の 3つの分野があります。

 

学習する時はこの 3つの分野をまんべんなく学習して苦手な分野を作らないようにする必要があります。とっつきやすい分野から学習を始めても大丈夫です。覚えやすい分野から学習することで、その後もスムーズに勉強できるようになるでしょう。

 

また ITパスポートは IT に関する基礎的な知識がメインになる試験なので、深く勉強する必要はありません。試験合格を目指すのであれば、各分野を浅く広く学習していきましょう。

 

学習がある程度進んだら、次は過去問題集にチャレンジします。独学の場合はこの過去問題集での正解率が1つの目安になります。ITパスポートの合格ラインは、総合得点で 600 点以上と言われています。

 

過去問題集でも正解率が 60 %がキープできるようになるまで反復して解いていきます。このように勉強していくことで、効率的に ITパスポートの試験対策を進めることができます。