ITパスポート資格 業種

ITパスポートの資格はどんな業界・業種で求められている?

ITパスポート資格はどんな人でも受験できる国家資格です。世の中の急激な IT 化に合わせて情報処理技術者試験の内容も再編されました。

 

その再編で新たに誕生して初級に位置付けられたこの ITパスポートは、受験資格や条件に制限を設けず、IT の職を目指す全ての人が受けやすいようにしたのです。

 

では、ITパスポート資格はどんな業界・業種で求められているのでしょうか?

 

IT なくしては成り立たないビジネス

まず ITパスポートはあらゆる業界・業種で必要とされている資格です。なぜなら全ての企業や会社は仕事の効率化を図るために IT 化を進めているからです。

 

その中でも特に ITパスポートを採用基準の1つとしてる業種は、NEC や富士通のコンピューター関連企業や KDDI、NTTデータなどの通信関連企業などが挙げられます。これらの企業は IT 無くしては成り立たない業種ですから、最も基礎的な IT 知識をテストする ITパスポートは必ず取得しておかなくてはいけません。

 

日立ソリューションズの場合、以前に社員の IT 知識が乏しかった為に業務トラブルが度々あったそうです。しかし、ITパスポートで習得した IT の基礎知識を得ることでトラブルの原因を分析することが可能になり、業務トラブルが軽減されたのです。

 

またシステム開発の専門用語を理解することで、現場でのコミュニケーションもスムーズになりました。多くのメリットを生んだ ITパスポート資格を今後も社員教育に積極的に取り入れていきたいようです。

 

IT 化を進めて成功した企業

ITパスポートが求められているのはこうした IT関連企業だけではありません。航空業界でもニーズが高まっているのです。

 

その中でも ANA は顧客へのサービス向上を目的として、IT 部門だけでなくビジネス部門の室内全員に ITパスポートの取得を必須として課しています。その結果、組織全体の ITスキルがアップしてあらゆる業務、コミュニケーションが上手くいくようになったそうです。

 

また一見 IT とはあまり関わりがなさそうに思う銀行業界でも需要が高まっています。その中でも、農林中央金庫は金融機関の職員にとっては重要な資格として認知していて、全ての職員に取得を奨励して、合格者には奨励金を支給しているようです。

 

こうした様々な業界・業種で求められている IT パスポートは、今後もさらに重要視される資格となっていくでしょう。